男女

コミュニケーションが重要

柔道整復師の仕事は触診と問診で診断するので、微妙な感覚の持ち主で高いコミュニケーション力があることが重要です。また、体全体を使った施術をすることもあるので体力があることも必要なので、日々の健康管理と筋力維持も重要になります。

詳しく見る

男の人

医療関係の資格を取りたい

関西在住の方で臨床工学技士等の医療関係の資格を取得したいのなら、日本メディカル福祉専門学校がオススメです。学校は大阪市内という立地の良さと、臨床工学技士や社会福祉士等の資格取得に熱心で、実技も含めて丁寧に指導してくれます。

詳しく見る

カウンセリング

勉強する期間と費用

心理学関連の資格には大学や大学院で学んで取得することができるものや、セミナーにかよって取得するもの通信制で取得できるものとがあります。勉強する期間も費用も学校によって変わるので、自分のペースで勉強できるものを選んで取得するのが良いです。

詳しく見る

施術

学問的深さの違い

柔道整復師になるには、大学、短大、専門学校などに三年以上通って国家試験を受ける必要があります。大学はキャンパスライフを楽しみながら深く広く知識をつけられますが学費が高めです。専門学校は専門的知識を集中してつけられ学費が安いですが学校ごとに雰囲気や特徴は異なるので選び方に注意が必要です。

詳しく見る

ウーマン

様々な学科がある

日本メディカル福祉専門学校は、多くの人に利用されている専門学校です。独自の受験対策講座を行っていくことで高い国家資格合格率となっています。合格率が高いということはとても大事です。特に、通信制に関しては高い評価がされています。

詳しく見る

公認心理師について知る

大学生

公認心理師になるには

心理学と聞くと心を読むだとか、人を思うままに操るなどのイメージを持つ人もいるかもしれない。しかし、実際にはそうではない。心理学は統計から人の言動・心情などの研究をする学問でもあり、心の問題についての知識など心のケアをする為の基礎を学べる学問でもある。研究を通して、人間について見識を深めたり、それを使ってその人にあった様々なアプローチを行い、心のケアをしたりしていくのだ。そんな心理学の資格として、平成29年9月15日に公認心理師法が施行され、公認心理師という国家資格が新たにできた。従来では心理学の資格としては臨床心理士というものしかなかった。臨床心理士は、対応した大学・大学院を卒業しなければ受験資格を得ることができない。しかし、公認心理師は学部卒でも受験資格を得ることができる。公認心理師に対応した大学を卒業し、2年の実務経験を積めば受験資格を得られるのだ。このような心理学の国家資格ができたことで、心理学の道がより多くの人に開けたといえる。ところで、現代社会はストレス社会とも言われており、多くの人が心の問題を抱えている。昔は怠けだと言われていたうつ病も、心の病気であると認識されるようになり、今では社会問題としても扱われるようになった。こうした問題もあり、現代ではあらゆる場所でカウンセラー的存在が必要とされている。つまり、心理師の需要が高いということである。そのため、心理学の資格を持っていることは、就職の面でもとても大きなアドバンテージになると考えられる。

Copyright© 2017 心理学の資格を取りたいなら|公認心理師に付いて知っておこう All Rights Reserved.