勉強する期間と費用

カウンセリング

勉強するために必要なもの

心理学を学び、資格を取るには、まずは大学や大学院に通って勉強するか、又はセミナーに通って勉強するかとなります。指定の大学院を修了し受験資格を得て試験に合格すれば取得できる臨床心理士、大学で必要単位を取得して獲得することができる認定心理士、そしてセミナーに通って受験資格を得ることができる産業カウンセラー、それから平成30年に出てくる予定となる国家資格の公認心理師とがあります。どの資格も心理学に関する勉強をし、精神ケアや発達障害に対する対応方法、カウンセリング術など学んでいきます。人によっては独学で心理学を学ぼうとする人がいますが、心理学は医療関連となる精神的なケアに取り組む専門家となるので、独学で学ぶには多少危険が伴います。学校に通って精神分析学やカウンセリング術など講師から学んでスキルを得ることで、専門家となって働くことができます。その費用は、大学で国公立に通うことができれば、費用は年間30万円で抑えることができますが、私立となれば100万円ほどかかります。そしてセミナーに通って資格を取ろうとするのであれば、7ヶ月通っておおよそ30万円といわれています。最近では産業カウンセラーになるための通信講座もあり、通信制となれば費用も少し抑えることができるといわれています。しっかりと大学や大学院で学んで資格を取るなら臨床心理士や認定心理士、公認心理師が良いとされますが、社会人となって短期間で心理学関連の資格を取りたいと考えるのであれば産業カウンセラーが良いかもしれません。

Copyright© 2017 心理学の資格を取りたいなら|公認心理師に付いて知っておこう All Rights Reserved.