学問的深さの違い

施術

学校ごとの特徴

柔道整復師は、筋肉や腱、靱帯などの体の部分に対して施術を行う仕事です。よくあるのはスポーツによる捻挫や脱臼、打撲などの治療や、筋力の衰えに対するリハビリ、交通事故のむちうち治療などです。柔道整復師は国家資格ではありますが、医師の治療とはまた違う治療となります。柔道整復師となるには、所定の養成学校に三年以上通い知識と技術を身につけた上で、国家試験に合格する必要があります。柔道整復師の養成課程がある学校は、大半が専門学校ですが、一部に大学や三年制以上の短大も存在します。大学や短大は、数は多くありませんが、大卒資格や短大卒資格が得られるというメリットがあります。また、より深く広く学ぶことができ、様々な知識を持った柔道整復師として働けるというメリットもあります。大学の場合は四年間あるので実習などの余裕もあり、キャンパスライフを楽しみながら資格が取れるというのも魅力です。ただし専門学校に比べて費用は高めで、就職時の収入もそこまで高くなるわけではありません。専門学校は必要な実習と座学を効率よく学べるというメリットがあります。学費の安さも魅力で、全国にあるので進学先の選択肢も豊富です。学校ごとに特徴は異なりますが、就職のサポートが手厚いことも多く、より専門的な知識と技術を深められるのが魅力です。学校ごとのレベルや特徴が大きく異なるので選び方には注意する必要があります。このような特徴があるので、自分に向いている学校タイプを選ぶのがおすすめです。

Copyright© 2017 心理学の資格を取りたいなら|公認心理師に付いて知っておこう All Rights Reserved.